perio Blog

2016年11月14日 月曜日

骨粗鬆症が歯周病に与える影響

骨粗鬆症になると、骨密度が低下して骨質が悪くなり骨折の危険性が増します。
アゴの骨も全身の骨と同じように骨密度が低下します。
骨粗鬆症と歯周病の関係
最近の報告で、骨粗鬆症の方に、歯周炎の炎症が加わると、その炎症が軽度であっても
強度の骨吸収が起こってくる
ことが明らかになりました。
これは、歯周病が軽いと油断していると、気が付いた時には、
かなり進行した歯周病になってしまうということです。
では、どのように事に注意すればよいのでしょう
1. 歯周病の治療を行い、歯肉から出血しないように定期健診で管理する。
2. 日頃のブラッシング励行でプラークコントロールを徹底的にする。
3. 骨粗鬆症の治療を受ける。同時に、ビタミンD、カルシウム、日光、運動といった
 骨によい影響を与える習慣をつける。骨質に関係するコラーゲンも注目されています。
 偏食や極端なダイエット、喫煙や過度の飲酒も避け、生活習慣に気を配りましょう。
4. 女性ホルモン(エストロゲン)が骨の新陳代謝に関わっているため、
 特に50代以降の女性は注意を要します。歯周病で歯を失い、義歯になっても
 アゴの骨が減っているために合わない入れ歯で苦しむケースもあります。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ