perio Blog

2016年12月26日 月曜日

奥歯の歯根の構造と歯周病

歯周病が悪化するのは、どの歯でも同じ条件とは限りません。
歯磨きが不良、強い咬み合わせの力がかかるなど、悪条件下で
特に感受性を強く受ける事があります。
奥歯の歯周病にご用心
歯の解剖学的要素
1. エナメル突起、エナメル真珠など、歯根まで歯の外装部のエナメル質が伸びている場合、
歯根膜などが存在せず、歯肉と歯の付着が出来ていないことがあります。
もしプラークが存在すれば、容易に歯根深くまで炎症が波及していきます。
2. 根分岐部の状態にも影響されます。
歯冠部のすぐそばから根が分岐していれば、容易に炎症が分岐部に波及します。
樋状根のようにCの形態だと、一旦内部に炎症や汚れが付くと
除去するのが困難となります。
歯肉環境の要素
奥歯は歯冠長が短い(歯の頭が少ししか見えない)ことがあり、咬合すると
食片が歯と歯肉の間に陥入しやすいケースがあります。そのような場合、
ごく小さな傷が歯肉にできやすく、炎症を起こす原因となります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ