perio Blog

2017年1月 9日 月曜日

プラークはどの部位でも中身が同じ?

プラーク(歯垢)は、歯周炎の初発因子です。
歯の表面のたんぱくの膜(獲得被膜)に細菌が増殖したもので、
歯周組織に炎症を起こします。
答は、部位によって異なります。
その細菌の構成は、付着部位により異なります。
大雑把に言えば、酸素を好む菌は表面に、
酸素がなくてもよい菌は深部に溜まってきます。
1. 歯肉縁上プラーク
歯肉縁よりの歯冠測の歯面に付着したプラークは、
好気性、通性嫌気性連鎖球菌や放線菌が主体をなします。
菌が付着して8~24時間後には、虫歯菌(糖類を発酵して酸を作り歯質を脱灰する)が
形成されます。
3~4日の時間の経過と共に歯肉に炎症を起こす歯周病関連菌が増えてきます。
2. 歯肉縁下プラーク
歯肉縁下の歯周ポケット内に存在するプラークです。
歯肉縁下プラークは、すでにできた歯肉縁上のプラークが歯肉縁下に達してきたものです。
つまり、死人縁上のプラークを速やかに取り除くことが大事です。
よりポケットが゛深くなると、問題となる歯周病関連菌が増えてきて、悪臭も放ちます。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ