perio Blog

2017年1月30日 月曜日

歯周炎で歯茎が下がると何が起きる?

歯周炎が進行すると、歯の周辺の支えとなっている歯槽骨が溶け、
それに伴って歯茎も下がります。
今までよりも歯が長くなり、歯根の部分が見えるようになります。
歯茎が下がるために起こる不都合
1. しみる
歯根を覆っているのはセメント質で、非常に薄いためその下の象牙質が
すぐに表面に出てしまいます。象牙質は歯の神経まで象牙細管という細い管が通っているため、
刺激が神経に伝わり、痛みを感じます。
2. 虫歯にかかりやすい
歯の外装のエナメル質と比較して、象牙質は酸に弱くすぐに溶けだします。
つまり、虫歯にかかりやすくなります。しかも象牙質のコラーゲン線維が剥がれ落ちるまでは
穴が開いていると認識できず、歯が軟化する状態が続くので、発見が遅れます。
3. 審美的に悪い
特に前歯だと気になり笑うこともままならなくなります。
4. 歯の間に隙間ができる
歯根部に行くに従って歯は細くなるので隙間ができ、食べ物が挟まり易くなります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ