perio Blog

2017年2月 6日 月曜日

歯茎の腫れを繰り返す根分岐部病変

根分岐部病変は、奥歯の副根歯の根の間にできた病変のことです。
歯周病が進行して根の間の骨が溶けてできた部分に病変を作ります。
繰り返し炎症を起こし、予後が不良のケースをよく見かけます。
どうして炎症が繰り返されるか?
1. ブラシなどが届かず、清掃が上手くできないため、歯周病菌がその部で増殖します。
2. 解剖的にエナメル突起が発達して歯肉の付着が弱いケースもあります。
3. いったん歯の間の骨が溶けると再生が難しくなります。
などの理由があります。
治療方法は?
分岐部病変の程度や歯周組織の状態により治療方法が選択されます。
1. GTR法などによる歯周再生治療
 フラップオペの時メンブレンを挿入して歯周組織の再生を図ります。
2. トンネリング法
 歯間ブラシで清掃できるように根分岐部を貫通させます。
3. 歯根分割法
 根を分けることにより清掃できるようにします。
4. .解剖学的形態の修正
 エナメル突起除去、清掃できる携帯に修正するなどがあります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ