perio Blog

2017年3月 6日 月曜日

歯周病で抜歯したらどうなる?

出来るだけ自分の歯を残したいと誰しも思います。
しかし、意に反して歯周病が重傷で抜歯を余儀なくされたら
その後はどうなるのでしょう?
抜歯した後
義歯(入れ歯)ブリッジインプラントなどの方法があります。
その方の残存歯の状況、咬み合わせの状態、抜歯した部分の組織の残存度合い等により
方法が変わってきます。
1. 抜歯する部分の組織のダメージが軽く、1~2本程度の欠損ならブリッジが可能かもしれません。
2. また、多数歯でも歯周組織やアゴの骨が残存していれば、インプラントが可能です。
3. しかし、欠損数が多く、周囲の歯周歯機器やアゴの骨が大きく失われている場合には、義歯となります。
歯が抜けたままにしたらどうなる?
1. 欠損のまま放置すると、残存歯に咬み合わせの負担がかかります。
結果残存歯の消耗が激しく、歯の寿命を短くします。
2. 欠損方向に向かって倒れたり、咬合が低くなり歯列全体に咬み合わせが悪くなります。
3. それだけでは済まず、アゴの関節等がすり減ったり、形がつぶれたりしてきます。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ