perio Blog

2017年4月10日 月曜日

どのような時に歯が動揺する ?

今まで普通にしていた歯が動き出して、困った経験はありませんか。
歯が動揺する時は、どのような時なのでしょうか?
歯が動揺する場合
1. 歯周炎の時
歯の周りの骨が溶けたり、歯と骨をつなぐ歯根膜線維が炎症のため断裂すると、徐々に動揺が強くなります。
2. 歯周炎の急性発作
歯の周りに炎症が起き、歯根膜に炎症が及び、そのために歯根が持ち上げられ動揺します。
炎症が収まれば動揺も軽くなります。
3. 外傷による歯牙脱臼
歯が収まっている歯槽から飛び出すことにより動揺します。固定処置が必要です。
程度が強ければ、歯は脱落してしまいます。
4. 外傷による歯根破折
強い力が歯に加わると歯根が破折してしまうことがあります。咬むと激痛があり元には戻りません。
やむなく抜歯になる場合が多いです。
5. その他
かぶせ物が外れかかっている時などがあります。
特に歯周炎に関しては、普段からのお手入れと定期健診により予防が可能です。
自覚症状が強くなくても、進行している場合があるので気をつけましょう。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ