perio Blog

2017年4月24日 月曜日

歯周病悪化につながる局所的要因

同じようなお口の環境でも特に強く歯周病の症状が出てくる部位があります。
どうしてそこだけ悪くなってくるのは、理由があります。
悪化の理由
1. 咬み合わせの力が強くかかる。
軽度な炎症でもそこに強い咬み合わせの力が加わる歯槽骨の吸収が進み、
強い歯周病へと進行します。
早期接触(通常より先に咬み合わさる)、不正咬合、歯ぎしりなどで思わぬ力が加わった時です。
2.付着歯肉の幅の減少
付着歯肉とは歯の周りの骨に歯肉が付着している部分ですが、
この部があることで歯の辺縁がほっぺたに引っ張られずに済みます。
もし幅が十分でないと歯の辺縁の歯肉がほっぺたや口唇の動きで引っ張られるため、
プラークが歯根部分に向かって入り込んでしまうため、歯周病が進行していきます。
3. 根分岐部の病変
奥歯の多根歯の分岐部に骨吸収が進めば、その部の清掃は非常に難しく病変の巣となります。
4. 不正咬合
歯並びが悪いと、清掃性が悪くなるので歯周病が悪化しやすくなります。
5. 歯の形態異常
エナメル質が歯根部まで入り込んでいたり、根面溝が発達していると深部にプラークが入り込みやすくなります。
6. 骨隆起
骨に形態異常があり、出っ張ったり窪んだりしていると食物の流れが変わり、
清掃性も低下するため歯周炎がより悪化しやすくなります。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ