perio Blog

2017年5月15日 月曜日

部位による歯周病症状の若干の特徴の違い

歯周病の症状は、その部位により症状の出方に若干の違いがあり、特徴があります。
前歯
1. 重度になると特に上の前歯は出っ歯になり歯の間が開いてくる。
2. 表側の骨が薄いため、人によっては根元が長くなりやすい。
3. 上の前歯は下の前歯の突き上げにより悪化しやすい。
犬歯、小臼歯
1. 咬合の影響を受けやすく、歯周病が進み組織の支持が少なくなるとお口全体の咬み合わせが乱れる。
2. 摩耗が進みやすく、その場合も咬み合わせが乱れる。、
上の奥歯
1. 根元が複数根あるため、歯周病治療に困難を来す。
2. 奥へ行くほどブラシが届きにくくメインテナンスがやり辛い。、
下の奥歯
1. 根分岐部病変ができると予後が悪い。
2. 付着歯肉の十分な量がない。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ