perio Blog

2017年5月22日 月曜日

歯周ポケットが深い場合の対処法

歯周病検査で、歯周ポケットが深いと言われたらどのような対処法があるのでしょうか。
2~3mm程度であれば歯磨きを頑張ってやれば、それなりの効果が出ます。
しかしポケットがそれ以上になると、ひたすら歯磨きを丁寧に行っても、
歯周ポケットの底部まではブラシの毛が届数綺麗にならないために、
歯周病は改善しません。
1. 原因とリスク因子の除去に努めます。
プラークは歯茎の辺縁から中に入れないくらいの覚悟で毎日ブラッシングをします。
その上で局所と全身のリスク因子の除去に努めます。
2. ポケット内の徹底的な歯石の除去をします。
時には抗菌薬を使ってポケット内の清掃を丁寧に行います。
3. 外傷性咬合の除去をします。
早期接触、咬合調整、歯ぎしりなどのパラファンクション除去と軽減をします。
4. 再評価の後、必要なら歯周外科によるフラップオペを試みます。
歯周再生療法や歯肉移植、骨成型などをします。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ