perio Blog

2017年6月 5日 月曜日

中等度歯周炎の治療

初期の歯周炎では、ポケットもさほど深くなく、歯槽骨の吸収がわずかなので
プラークコントロールとスケーリング・ルートプレーニングによってある程度改善してきます。
しかし、中等度になると原因を取り除くだけでは、難しくなってます。
中等度歯周炎の臨床症状は
1. 歯槽骨吸収が歯根の長さの1/3~1/2
2. 歯周ポケットの深さが4~6mm程度
3. 動揺が出てきます。
4. 根露出、歯間隣接面に隙間が出てきます。
治療方法
1. プラークコントロール、スケーリング・ルートプレーニング
2. 上記に加え、歯周外科処置等により歯周ポケットを浅くすることが必要となります。
3. さらに垂直性の骨欠損に対しては、歯周再生治療法、早期接触除去のための咬合調整なども必要です。
4. 歯の動揺に対しては、暫間固定などにより安定させることもあります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ