perio Blog

2017年6月19日 月曜日

歯肉の変化を見逃すな

歯茎の変化は、元あった歯肉が痩せて歯根が見えてくるだけではなく、色や質に変化が見られます。
健康な歯茎
引き締まって薄いピンク色をしています。
歯肉溝というものがありますが、病的な歯周ポケットは存在しません。
歯の間は接触点直下まで歯間乳頭という歯肉で満たされています。
歯肉炎、歯周炎になると
炎症が生じると歯肉は赤みを帯びてきます。
メラニン色素が付着するとその部は黒褐色に変化します。
炎症により歯茎の腫れが生じ、繰り返されることにより歯周の組織を失います。
やがて歯茎が痩せます。
内部では歯槽骨が溶けて、歯根膜線維の破壊が進み、歯を支え切れず動揺してきます。
辺縁部にある付着歯肉と言われる硬い歯肉の層の量が減り、歯周ポケットが頬粘膜などに引っ張られより内部に炎症が進んできます。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ