perio Blog

2017年9月11日 月曜日

骨の下まで歯周ポケットが・・・

歯周ポケットは、歯と歯肉の間にある溝がポケット状に深くなることを言います。
歯を支えている歯槽骨と言われる骨が突き破られて下まで伸びてきたものを
「骨縁下ポケット」と言います。
骨縁下ポケットを作る理由
歯周病が進行するとプラークや歯石によって炎症が起き、ポケットが押し下げられて深くなります。
歯槽骨は、炎症が徐々に進行すれば「水平的骨吸収」を起こして下がっていきます。しかし、
1. 歯周組織が破壊されるスピードが速い、
2. 早期接触などの咬合性外傷が加わる、などにより
「垂直的骨吸収」がおきると、骨縁下ポケットを起こす確率も増えます。
このパターンの骨吸収は予後が悪いと言われます。
治療法
通常の歯周病治療に加え、咬合のチェックを綿密にします。
歯槽骨のレベルの平坦化を図るためには、歯周外科、歯周再生療法などをします。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ