perio Blog

2017年9月25日 月曜日

歯冠形態が歯周病の悪化因子に・・・

歯の形態が、はたして歯周病の悪化因子となるのだろうか?
歯周病の原因は、初発因子であるプラーク細菌に加え、
様々な悪化因子(修飾因子)が加わり進行していきます。
修飾因子となる歯の形態
1. 根面溝
歯周ポケットが深くなると、歯根にある溝にはプラークがたまり易くなり、
その部を足場として歯周病が悪化してきます。
2. エナメル突起
特に奥歯の根分岐部にエナメル質が突起状に飛び出すことがあります。
その部の歯肉の付着は甘いので、根分岐部に歯周病の病変を作り易くなります。
3. 短根歯
歯の根が短いと歯周病による骨の吸収の影響を受けやすくなります。
4. 歯冠の形態異常
通常発達しない部分に突起ができたり、円錐矮小の歯冠携帯の場合には、ブラシが届きにくくなれます。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ