perio Blog

2017年12月25日 月曜日

親知らずの痛み

親知らずのトラブルは痛みだけでなく、様々な形でやってきます。
親知らずのトラブル
1. 痛み
虫歯が出来ていたいこともあれば、歯茎に炎症を起こして痛むこともあります。
2. 腫れ
歯茎が腫れて赤くなり、時には顔面がいがむほど腫れることもあります。
3. のどが痛い
特に、つばを飲み込むときに感じます。
4. 口が開かない
口を大きく開けることが困難になります。アゴの開閉の筋肉に炎症が及ぶ時によく起こります。
5. アゴの下のリンパが腫れて痛む
炎症がかなり波及していることを示します。
智歯周囲炎について
智歯とは、親知らずのことで、前から勘定して8番目の歯です。
親知らずの周りの歯茎に炎症を起こすのは、
1. 歯ブラシが奥まで届かないためにブラッシングが十分できない。
2. 親知らずの周りに歯肉が被り、そこに汚れがたまり易い。
3. 虫歯ができその穴に汚れがたまり炎症を起こすこともあります。
つまり、汚れ、特にプラークが取り除かれればトラブルが減ります。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ