perio Blog

2018年1月15日 月曜日

重度歯周炎はブラッシングが大変

重度の歯周炎では、歯磨きが大変ですが、さらに済むと歯を失うことになってしまいます。
是非、歯科医師や歯科衛生士などから指導を受けて歯を長持ちさせたいものです。
歯磨きが大変な理由
1. 歯茎が痩せているため、
磨く面積が多くなり、歯磨きに時間がかかります。
2. 重度の歯周炎では、歯肉のラインが一定ではないため、
歯磨きの時にブラシが上手く当たらず、磨くのが大変です。
丁寧に磨いているつもりでも、より深い位置にある歯肉には歯ブラシが届かず、
もし深く入れようとすると、浅い歯肉の部分に傷が付きやすくなります。
3. 歯の間に隙間ができているため、
歯間ブラシやフロスなどを駆使する必要があります。
4. 動揺歯はフラッシングの力が伝わりにくく、なかなか綺麗になりません。
5. 歯肉が腫れている場合、痛くて磨けません。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ