perio Blog

2018年3月 5日 月曜日

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシで歯の間を清掃する時、間違った使い方をすると歯茎や歯を傷めてしまいます。
歯間ブラシを正しく使うには
1. 歯の間に合った適切なサイズを選ぶ
間に入るからといって、大きい目のサイズを使うと歯の間が広がり隙間が大きくなってしまいます。
2. 挿入の仕方に注意
何気なく間に入れると汚れが取れないばかりか歯肉を傷つけてしまうこともあります。
挿入角度を気をつけ、両隣接歯のプラークを確実に取り除きます。
3. 汚れたの付いたまま次の部位に挿入しない
次の部位に汚れを移動してしまいます。一回ずつブラシを綺麗にします。
4. 保管方法に気を配ります
使用後は歯間ブラシをきれいにして、乾燥させて保管します。
出来ればキャップをするのではなく、風通しの良いところに置きます。
5. 古くなったブラシはいつまでも使わない
毛が劣化して歯や歯茎を傷つけてしまいます。
確実に使うためには
歯科衛生士から指導を受けましょう。
その方のお口の状況に応じて、またその部位ごとに使い方を教えてもらえば、
効率的な清掃ができ歯周病予防につながります。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ