perio Blog

2018年3月26日 月曜日

歯周病はどうなると危ない?

歯周病は気が付かないうちに進行していく疾病です。
では、どうなると危ない症状かというと
1. グラつきが強くなった
歯の横揺れだけではなく、上下動するようになると根の先端の骨まで侵されていることが示唆されます。
2. 歯茎が腫れている
歯茎の腫れる→潰れて膿が出る、これを繰り返すと進行して修復が困難である可能性があります。
奥歯の根分岐部に病変が出来ると繰り返し歯茎が腫れることが多くなります。
3. 歯茎が痩せる
歯の周囲の歯周組織である歯槽骨、歯根膜、歯茎が侵され、その量が減っています。
根元が半分以上露出するとかなり重症です。
4. 硬いものが噛めない。
歯の歯周組織の負担能力が低下しています。
急性炎症を起こしたときにも、噛み辛いという症状になります。
5. 歯並びが乱れてきた。
以前はなかった空隙ができたり、が飛び出たりする。それは、歯周組織の量減少と歯根膜の破壊で歯をその位置に保てないという
状態に陥ります。奥歯は倒れたり沈み込んで全体の咬み合わせが低くなり、前歯はそれに伴い前突しやすい状態になります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ