perio Blog

2018年7月17日 火曜日

歯肉マッサージは必ず必要?

歯肉マッサージは歯茎のためになるとは限りません。
ブラシなどで誤った方法をすれば、かえって歯茎が下がり、傷めていることもあります

ダメな歯肉マッサージとは
1. ブラシで歯茎をグイグイこする
強い力は、歯茎の痩せる原因で、歯茎を傷つけます。
2. 歯茎を押す
これも同じです。
3. 歯茎の隙間や歯周ポケットの中にブラシを入れて動かす。
極めて難しい方法で、押し入れると歯茎が下がります。
バス法、爪楊枝法は一つ間違うと歯茎のためになりません。
4. 塩をつけて歯茎を指でこする。
塩で歯茎がすり減り、表面がめくれ歯のいます。
擦る動作は、弱い歯肉をダメにする場合が多くみられます。
では、どうすればよいか?
ブラシは歯に当てて磨きす。
歯茎が腫れたり、出血する場合には、歯科医院で適切な処置を受けましょう。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ