perio Blog

2018年9月10日 月曜日

矯正治療後に下の前歯の歯茎が痩せた

矯正治療をした後に下の前歯の歯茎が痩せた。
それは、反対咬合(下顎前突)を治療した後に出で来ることがあります。
どうして歯茎が痩せるのか?
1. 無理な矯正治療
反対咬合では、下の前歯を内側に引っ込める必要があります。
アゴの中央部にあった歯を内側のアゴの骨の淵に追いやるため、歯の周りの骨が減ります。
そのため歯茎が痩せてしまいます。歯だけの矯正で無理なら、最初から外科矯正などの選択が必要です。
2. 歯周病の管理不良
矯正治療で歯を動かすには、骨の吸収と添加が必要です。
歯周病の管理が悪かったり、プラークコントロールが不十分だと骨の添加が悪くなります。
歯の周りの骨の量が減り歯茎が痩せてしまいます。
3. 間違ったブラッシング
ブラシを歯茎に押し付けたり、歯間ブラシで歯の間を押し広げてしまうことがあります。
治療方法は?
治療方法よりも予防が大切です。
一旦歯茎が下がり、しかも全体の骨のラインも下がってしまった場合には、
歯肉移植も適応外となります。
歯周病の管理をしっかり行い、正しいプラークコントロールをしましょう。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ