perio Blog

2018年10月 8日 月曜日

歯がグラつく前に対策を

歯周病でぐらぐらがはっきり感じられるようになったら重度に進行している場合が多いです。
その前に何らかのサインがあるので、見逃さないようにしましょう。
グラつく前のサインとは?
1. 歯の間に物が挟まり易い。
歯周病で歯周組織が失われるため、歯の間に隙間ができてものが詰まりやすくなります。
2. 知覚過敏
根元が見えてくると、冷たい物がしみたり、歯ブラシを当てる時にキヤっとします。
3. 歯茎が腫れる。
腫れてもそのうちに治るので放置しているのは危険です。
4. 硬い食べ物を避ける
しっかりと噛めなくなるのは、歯を支えている歯槽骨を始め歯周組織の量が減少してきた事が示唆されます。
5. 歯並びが乱れてきた。
以前と比べ、歯並びが乱れ、飛び出してきた歯もある。
対策は?
歯科医院で相談しましょう。
歯周病が進行しているなら、しっかり治療を受けましょう。
歯磨きなどのプラークコントロールも丁寧にしましょう。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ