perio Blog

2018年10月22日 月曜日

歯茎から出血しないのに

歯磨きをしても歯茎から出血しないのに、歯周病と言われた。
それでも歯周病なの?
歯ブラシしても出血しないのに歯周病
歯肉に炎症を起こしていると出血するといった症状が出ます。
しかしながら、歯周病が進み、慢性化してくると歯肉表面からの出血があまり見られないことも多いのです。
ただ、歯周ポケット内に炎症が潜み、歯周病のプロービング検査の際、出血があると言われることもあります。
歯周ポケット内には歯ブラシがうまく届かないため、歯周病原菌が増えやすいと言えます。
歯茎の出血は注意信号
炎症による出血は、歯周病が進行していることを示唆します。
プラーク中の歯周病原因菌を減らすことにより、症状は改善します。
ブラッシング、歯石やブラーの除去といった原因を取り除くことが大切です。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ