perio Blog

2018年10月29日 月曜日

下の奥歯の歯茎が腫れる

下の奥歯の歯茎の腫れは、歯周病、親知らず、根の先の病変などの
原因が考えられます。
1. 歯周病
中等度から重度の歯周病になると、歯を支える歯槽骨が溶けるのが進んできます。
歯周ポケットが深くなりそこに炎症が起こると、歯茎が腫れます。
特に根分岐部に病変ができると歯茎の腫れを繰り返すことが多くなります。
炎症が強いと噛むときの痛みも強くなります。
2. 親知らず
親知らずの歯茎が腫れるのは、うまく歯磨きが出来ない為にプラークが残り、歯茎に温床を起こす為です。
ひどくなると口が開きにくくなり、つばを飲み込んでも痛くなります。
3. 根の先の病変
いわゆる、根尖病変、根の先に膿みの袋ができている、などといわれるものです。
歯の中の神経の管から細菌感染が根の先に波及していくために起こります。
根管治療などの処置が必要となります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ