perio Blog

2018年11月26日 月曜日

歯の動揺はどうすれば?

歯がグラグラになってくる原因には、歯周病、歯根破折、外傷による骨の損傷などが考えられます。
今回は、歯周病についてお話します。
歯周病の進行
歯周病が進み歯の周りの歯周組織が失われてくると支えが少なくなるために動揺してきます。
特に歯槽骨が溶けてくると固いものも噛めなくなります。
そのような場合、歯が長く感じてきたり、歯根が見えてくることが多くなります。
どうすれば?
歯周基本治療と同時に固定処置をします。
固定には、歯周組織が安定するまでの間の暫間固定、動揺歯の永久固定があります。
暫間固定には、歯の間を接着材で止めるエナメルボンディング、ワイヤー結紮などの方法があります。
それでも安定してこなければ連結冠などの永久固定をします。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ