perio Blog

2018年12月10日 月曜日

歯周病で歯根が見えてきたときに気をつける事

歯周病が進行してくると歯茎が痩せ、根もとが見えて(歯根露出)きます。
歯が長くなったような感じがします。と同時に歯の間に物が挟まりやすくなります。
そのような場合知っておいたほうがよいことがあります。
1. 歯磨きの方法に気をつける。
根もとは、歯冠部の部分より弱く、磨り減りやすいです。セメント質に歯冠部を覆う
エナメル質より軟かく薄いのです。
2. 知覚過敏になりやすい。
セメント質が削れると中の象牙質が出てきます。すると中の神経に刺激が伝わりやすく
しみたり、知覚過敏を起こしたりします。
3. プラークが残りやすい。
歯の頚部はくぼんでいる為、プラークが溜まりやすく、歯の間も清掃しにくくなります。
歯周病の初発原因であるプラーク中の歯周病原菌が増え、ポケットの中のプラークも増加しやすくなります。
4. 虫歯になりやすい。
そのようなプラークの増加は、虫歯のリスクもまします。
5. 咬み合せに注意。
歯周組織の量が減少してくると、咬む力に対する抵抗力も弱まり、
負担過重のかからないように注意する必要があります。
早期接触も発生しやすい為歯科医院での咬み合わせの調整も必要になります。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ