perio Blog

2018年12月24日 月曜日

自覚できない歯周病(喫煙者)

歯周病は自覚がなかなかできないと言われています。
中でも喫煙者は、次のような理由で歯周病を自覚できなくなります。
1. 歯茎から出血しない。
タバコによる血管の収縮で歯茎の表面からは出血しにくくなります。
しかし歯周ポケット検査では内部の歯肉からは容易に出血が見られます。
2. 歯茎が腫れにくい。
歯茎は血管が減少するため、線維に富んだ状態になります。
一見硬く引き締まっているかの如く見えますが、血管が少ないということは栄養が送られず、免疫に対して弱くなります。
3. 歯茎の発赤がわかりにくい。
喫煙者は歯茎にメラニン色素の沈着が多いため、褐色から暗褐色の色になり易く、
発赤していても色がわかりにくくなります。
4. プラークが付いているのがわからない。
タールが目立ち、ブラーが付いていてもわかりにくくなります。
5. 口臭がわかりにくい。
タバコの臭いのため、口臭があっても気が付かないことが多くなります。
この様に、自覚できないため、歯科医院での定期健診を受けて口の中を管理していくことが大切です。
もっとも、禁煙できれば一番良いのですが。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ