perio Blog

2019年1月14日 月曜日

歯周再生療法の限界

失った歯周組織を取り戻す方法の一つとして、「歯周組織再生療法」があります。
その適応症と限界についてお話しします。
適応症
現在用いられている「歯周組織再生療法」の方法には、エムドゲイン法、歯周組織再生剤リグロス法、
GTR法などがあります。
その中でも歯周組織再生医薬品としてすぐれている「リグロス」についての適応症を述べます。
1. 歯周ポケットの深さが4mm以上、骨欠損の深さが3mm以上の垂直性骨欠損のある場合
全体に歯茎が痩せ、歯根が長くなっている「水平性骨吸収」の場合には適応でなく、効果を感じられません。
2. インプラントに関し手の有効性、安全性は確立されていません。
3. 口腔内に悪性腫瘍があったり、既往がある場合には帝王症ではなく、禁忌症になります。
この薬は、遺伝子組み換えの製剤だからです。
限界について
前述のように、歯茎全体が痩せ歯根が長く見えてきているような場合、「歯周組織再生療法」を行っても
効果が現れません。
垂直骨欠損の空隙を埋める場合にのみ、効果が望めるのです。
根分岐部の骨欠損の場合には、「GTR法」を行います。
また、部分的に歯肉が痩せている場合には、「歯肉移植法」という手段があります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ