perio Blog

2019年3月18日 月曜日

親知らず周りの歯茎炎症

親知らずは、智歯とも呼ばれ、前から数えて8番目に当る奥歯です。
トラブルが多い歯で、歯茎の炎症もその一つです。
炎症が起こりやすい理由
1. ブラシが届きにくい。
一番奥歯でハブラシがうまく到達しない。
2. 萌出方向が悪い。
スペースがないために萌出方向が悪く、一層ブラシが届かない。
3. 虫歯を伴うことがある。
プラークが残ると虫歯になりやすく、穴が当ていると、より一層プラークが溜まる。
4. 歯茎とほっぺたの粘膜の移行部
歯茎の幅が狭く、可動部である粘膜との移行部でもあるため、炎症が波及しやすい。
5. のどに近い。
のどに近い為、歯茎の炎症はのどに移行しやすい。つばを飲み込む時も痛むことがある。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ