perio Blog

2019年3月25日 月曜日

下の前歯の裏がざらつく

下の前歯の裏側は、歯石が付きやすい部位です。
その理由
唾液線の開口部が舌の下側にあるため、歯石の作られる成分で満たされています。
そのため、歯肉縁上歯石という歯石が、歯冠部の裏側に付着しやすくなります。
舌で触るとざらざらしています。
さらにざらつく理由
歯周病が進むと歯茎が出てきます。
歯の表側だけでなく、裏側の歯茎も痩せます。
すると歯根部の移行部が口腔内に露出する状態になります。
歯を覆う丈夫なエナメル質から、歯根を覆うセメント質への移行部でもあります。
従って歯の付け根は、弱い部分とも言えますので、ざらつきが出やすくなります。
どうすれば
歯石を歯科医院で取ってもらい、研磨をしてツルツルにしてもらいましょう。
さらにブラッシングがうまく出来ているのかをチェックしてもらうと良いでしょう。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ