perio Blog

2019年4月 1日 月曜日

奥歯の歯茎が腫れている

歯茎が腫れている場合、その原因が何かを突き止めてから、治療方針を立てます。
歯茎の腫れの原因となるものは?
1. 歯周病
歯周病による歯茎の炎症で腫れている場合です。
歯周ポケットが深くプラークを落としきれていないと、腫れる率が多くなります。
2. 根尖の病変
神経のあった管や根もとの先端の病変などが原因で歯茎が腫れる場合です。
根管治療などの処置の必要があります。
3. 歯根のヒビや破折
歯根のヒビや破折部からの細菌感染により、歯茎が腫れます。
抜歯となる可能性があります。
4. その他
魚の骨が刺さって歯肉に傷が出来たる。
熱いものによるやけど。
歯茎の傷をつけてしまったなどです。
腫れの処置
原因が分かればそれに対する処置をします。
奥歯の歯茎の腫れの場合、歯軋りなどで咬み合わせの力が強く、歯が破折して、歯茎が腫れている場合があります。
そのような時には、咬み合わせに対する考慮も必要となります。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ