perio Blog

2019年4月22日 月曜日

歯の本数が少なくなってきた時に気を付けること

なんらかの原因で抜歯を余儀なくされ、歯の本数が少なくなってきた時に、
どのようなことに注意して残りの歯を維持したらよいのでしょうか。
歯の本数が少なくなると
義歯、あるいはインプラントなどの処置が必要です。
そのまま放置すれば残存歯への咬合の負担が過常となり、維持できなくなる恐れがあります。
負担過重が増え、耐え切れなくなることを外傷性咬合といい、
歯周病などが加わると、通常の咬み合わせの力でも無理がかかってきます。
それを二次性咬合性外傷と呼びます。
全体の咬み合わせの調和を取る
奥歯でしっかりと咬め、前歯は審美的に良好になるように修復します。
インプラントはしっかりとした咬み合わせと審美的治療としても優れますが、
手術を必要として金額もかかります。
一方義歯は、咬み合わせの力という点ではインプラントに劣りますが、手術を要しません。
また、インプラントを維持として義歯を削整するという方法もあります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ