perio Blog

2019年5月27日 月曜日

歯周炎による歯牙挺出

歯牙挺出とは、歯列から咬み合わせの面を超えて飛び出してきている状態です。
上の前歯であれば、下の前歯の方向に向かって下がって伸びているように見えます。
どうして歯牙挺出するのか?
歯周炎が進行すると、歯を支えている歯周組織が失われ、周りの骨もなくなります。
すると今まで強固に歯周にに支えられていた歯が、ふらついて力のかかるままに移動し始めます。
咬み合わせの力、頬唇舌といった粘膜の力など、力の作用する方向に動いてしまいます。
また、炎症を繰り返すうちに、歯が歯槽から飛び出る方向に動きます。
奥歯であれば、前方に倒れたり、頬舌側に倒れてきます。また咬み合わせが低くなります。
前歯だと、前にとびだと歯をつらるタラインより伸びた方向に飛び出てきます。

対策
普段から歯周炎の予防に努め、プラークコントロールをしていきます。
もし、歯牙挺出の症状が少しでも疑われたら、迷わず歯科医院に相談しましょう。
徹底的な歯周炎の治療、固定処置、場合によっては歯周外科なども行います。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ