perio Blog

2019年6月10日 月曜日

重度の歯周炎で起こり得る事

歯周炎が重度になると、歯の周りの局所的なことだけではなく、
全身的にもかかわってきます。
局所的なもの
1. 歯茎が痩せて歯根が見えてきます。その部は知覚過敏や虫歯になりやすいです。
2. 歯周組織が失われ、歯槽骨の量が減少してきます。
3.歯間部に隙間が開き、物が詰まりやすくなります。 
4. 歯周ポケットが深くなり、歯茎に炎症を起こし、腫れたり痛みが出たりします。
5. 硬いものが咬みにくくなります。
6.  動揺が強くなり、最後には脱落してしまいます。
全身的なもの
歯茎に炎症が置き、菌が血管を介して全身に回ります。
特に歯周ポケットが全体に深くなるとポケット内部の炎症の量が多く、影響力が大きくなります。
その結果
1. 動脈硬化の引き金になります。
2. 糖尿病と深くかかわり、互いに悪影響を及ぼしあいます。
3. 早産や低体重児に関係することがあります。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ