perio Blog

2019年6月17日 月曜日

歯周病で根元が出てきた時の対応

歯周病が進行して根元が見えてきた際、気をつけることがあります。
歯根露出してると
根元の表面は弱く、歯冠部のエナメル質との様に硬くなく、セメント質で覆われています。
そのため、歯が長くなり歯根が露出してきたら、気をつける必要が出てきます。
1. 咬み合わせが強くなると楔状欠損となる。
強い咬み合わせが加わると応力が根元に集中して「楔状」に歯が削れてしまいます。
2, 知覚過敏を起こしやすい。
容易に象牙質が露出して歯の神経に刺激が到達しやすくなります。
3, 虫歯になりやすい。
歯冠部に比較して歯根部は、酸に弱く、容易に歯根全体に虫歯が広がります。
4, 歯磨きがしにくい。
根元に行くに従って歯が細くなり歯間部が広がり、磨く面積も多くなります。
歯間ブラシなども併用して時間を掛けて磨く必要性が出てきます。
対応
歯周病治療を徹底して行い、上記のような症状が出てきたら早目の処置をします。
定期的な健診により、歯石・プラークの除去と咬み合わせのチェックが必要です。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ