perio Blog

2019年7月15日 月曜日

歯周炎の進行に影響を与える局所的な因子

歯周炎には、局所的に影響を与えるリスク因子があります。
局所的な因子とは
1. 歯周炎の初発原因となるプラークを増やすような因子
歯石、歯並びの悪さ、不適合な修復物、虫歯などがあるとプラークがたまり易くなります。
ポケットが深くなる、小帯が邪魔するとブラッシングがしにくく、上手く磨けません。
2. 外傷性咬合
以外と見過ごされやすいの図咬み合わせです。
軽い炎症でも無理な力が加わると歯槽骨の吸収がどんどん進行します。
歯ぎしり、食いしばりなどがあります。
また、歯周炎が進行して、早期接触(そこだけ強く当たる)があると進行が速まります。
対策
歯周炎を進行させたくなければ、歯磨きや歯石取りだけだけではなく、総合的に診断して対策を講じる必要があります。
かかりつけ視界に相談しましょう。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ