perio Blog

2019年9月 2日 月曜日

進行しつつある歯周病の特徴

歯周病が重度になり始めて、噛めない、グラつく、歯茎が腫れるなど自覚して症状が出てきます。
しかし、そのような状態になってしまうとなかなか改善するのが難しくなります。
もし、その前に気が付いたら、対策を講じて、その歯の寿命を延ばすことも可能になります。
進行しつつある歯周病の特徴
1. 痛みがあっても歯周病からだとは判断できない場合がある
知覚過敏、あるいはその他の原因だと判断してしまう。
特に骨の硬い部分多い下アゴは、歯の周囲に炎症が生じても圧力が抜けるのが難しく、
神経を圧迫して痛みや頭痛となります。
2. レントゲンでは発見できないことがある
明らかに骨が歯の周りからなくなれば、わかるのですが、
進行期には、歯の周囲の骨が溶け、一部残っている部分もあるため、
あたかも歯の周りの骨の吸収ぞアが明瞭でない場合があります。
3. 炎症が軽微でも油断できない
リスク因子である外傷性咬合、全身的には糖尿病や骨粗しょう症をはじめ様々な
疾病は歯周病の炎症が軽微でも、骨吸収が重度に陥り易い。
4.喫煙は症状を隠す
タバコは、歯肉からの出血、腫れを隠すため、歯周病の発見が遅れます。
これらの特徴に思い当たる方は、
歯周病に力を入れている歯科医院にご相談ください。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ