perio Blog

2019年9月 9日 月曜日

歯肉の腫れはプラークと関係

歯肉が腫れていることとプラークは関係していることがあります。
特に歯茎に近い位置での歯肉の腫れは、関連性が強いと推測されます。
どんな時に腫れる?
1. 歯周病
歯磨きが不良でプラークが多いとプラーク性の歯周炎となります。
歯茎が腫れている部分のプラーク丁寧に落とすと炎症は軽減してきます。
2. 虫歯
歯茎に近い部位に虫歯ができるとその部にプラークがたまり、歯茎に炎症を起こします。
歯肉縁下と言われる、歯茎の中に隠れたところに虫歯を作った場合、
中にプラークがたまっていることさえ気が付かない場合があるので注意が必要です。
3. 根尖病変
たいてい歯の付け根から離れた根元が輪の歯肉がれる場合が多いです。
4. 歯根破折
歯の周囲が腫れることが多く、噛むと痛いといった症状を伴います。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ