2019年10月21日 月曜日

歯並びと歯周病の関係とは

歯並びは歯周病と関係あるのでしょうか?
少し考えると歯磨きがしにくいのために歯周病が悪化するのかと思いつきます。
歯並びが悪いと
1. 歯がデコボコして歯ブラシで磨き残しができ、歯周病の悪化原因となる。
2. 咬み合わせが上手く合わさらない歯もあれば、強く当たる歯もある。
咬み合わせが強く当たれば歯茎の炎症が悪化します。
咬み合わなければ汚れが停滞して歯周病の初発原因であるプラークの温厚となります。
3. 上下の歯が合わさらないような咬み合わせ、出っ歯や開咬などの場合、口呼吸となる。
口の中が乾燥して、炎症が悪化しやすくなります。
4. 咬み合わせが悪いため、咀嚼が十分できないと柔らかい食べ物を好むようになる。
自浄作用が失われ、ブラーが付着しやすくなります。
以上のように歯並びとの関係は多岐に渡ります。
かかりつけ歯科医院で歯並びのご相談をされてはいかがでしょうか。

投稿者 コンドウ歯科


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ