perio Blog

2019年11月25日 月曜日

残り少ない動揺歯の処置

自分の歯が残り少なくなり、その歯が動揺してきた場合どのような治療方法があるのでしょうか。
もちろん歯周病や咬み合わせの調整は基本的に行う必要があります。
治療方法
残存歯の歯数や歯冠の崩壊程度、歯のない部分のアゴの状態、噛む力などにより
治療方法が変わります。
1. 動揺歯の永久固定
隣同士歯がある場合には、2~3本を連結します。
2. インプラントで欠損を補綴する。
自分の歯に負担がかからず、軽度の動揺歯なら安定してきます。
3. 軽度動揺なら義歯の工夫
動揺歯の歯周病治療を徹底してから、
出来るだけ咬合力、着脱時の負担のかからないような義歯の設計にする。
4. 残根上の義歯
歯冠の崩壊が強く、かぶせると動揺が強くてうまくいかない場合、
天然歯を治療した上に入れ歯を作ります。
5. 抜歯処置
動揺が強く義歯も不安定なら、残念ながら抜歯という選択になります。
歯を抜いてから、インプラントや義歯を作成します。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ