perio Blog

2020年1月20日 月曜日

歯周病で根本が見えてきたら要注意

歯周病が進行して、歯茎がやせ、歯根部が見えてきたら様々な問題が起こってきます。
根本が見えてきた時に起こる問題
1. 知覚過敏
歯根部の表面は弱く、容易に歯が削れやすくなります。そのため歯の神経まで刺激が伝わりやすく、
知覚過敏に成りやすいのです。歯磨きの時に同じ部分だけを強く磨かないようにしましょう。
2. 虫歯
同じく虫歯に対しても弱く、歯根を一周するような虫歯を作りやすく利ます。
3. 咬み合わせに無理がかかる
歯根の周りの歯肉がやせることは、内部の骨も解けているということです。
強い咬み合わせに抵抗できるような骨植ではなくなります。
進行すれば通常の咬み合わせでも無理がかかってきます。
4,. 審美的なコンプレックス
見かけが悪くなり、特に前歯で歯根が目立ってくると口元を隠したくなってしまいます。
5. 歯の破折の危険
根本は弱いために削れやすく、根本が細くなると歯の破折の危険が生じます。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ