perio Blog

2020年1月27日 月曜日

歯茎が出てきた時に治療が難しくなつているケース

歯周病などが原因で歯茎が出てくることがあります。
何とか食い止められないかと歯磨きは丁寧にしているが、
本当にこのままでいいのか心配な場合があります。
治療が難しくなっているケースとは
1. 歯の周りの骨がなくなっているケース
歯を支える骨が根の先までなくなると歯の保存が難しくなります。
最近は歯周再生などの治療法がありますが、周りの骨がなくなるとその治療もできなくなります。
上の表側の骨は薄い方が多いため、根の先端まで表側から見えてくることもあります。
2. 歯周病と根尖病変が合体しているケース
根の先に病変が出来て歯周病による歯周組織の減少と重なる場合治療が難しくなります。
3. 歯にひびが入っており、根本が見えているケース
歯のヒビから感染を起こし、歯周組織が失われたため、歯茎が見えているケースです。
外観から同じように見えても、内部の状態を精査して、できるなら長く歯を保存したいものです

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ