perio Blog

2020年2月10日 月曜日

歯の摩耗

歯の摩耗は、歯ぎしりなどで強く起こることもありますが、年齢が進むと、
長年の噛み合わせでも次第にすり減ってきます。
注意が必要な摩耗
1. しみてきた時
急なすり減りの場合が多く、歯の神経が刺激されてしみてくることがあります。
2. 歯の神経近くまですり減った時
噛む面の色が白色(エナメル質)から黄み(象牙質)がかってきて、少し赤み(歯髄)が見えてきた時です。
3. 痛くて噛めなくなった場合
神経が刺激されている、あるいはすでに神経に損傷が起き根尖病変を作りその炎症のための痛みで噛めない。
4. 歯の形態を失い、全体の噛み合わせまで狂う
摩耗面が平らだと横の摩擦が大きく、歯のダメージを受けるばかりか、
全体の咬み合わせまで悪くなってくる。
もし痛みがなくても、摩耗がある場合には、それなりの対処が必要になります。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ