perio Blog

2020年3月 9日 月曜日

欠損歯を放置すると・・・

欠損歯を放置すると・・・
思わぬお口の状況になることがあります。
お口の破壊の負の連鎖
奥から2番目の歯は、第一大臼歯と言って形状が大きく、最も力強く咬むことができる歯です。
第二大臼歯、第二小臼歯と咬むのにウエートを占める歯が続きます。
特にそれらの歯を失ったまま放置すると咬み合わせの負担は他の歯に重くのしかかります。
咬み合わせに関与の少ない歯でも、欠損のほうに傾斜したり、対合歯(咬む相手の歯)の挺出(伸びてくる)が起きます。
咬合の負担と、咬み合わせの乱れにより、口の中の破壊の連鎖が起こってきます。
さらに歯周病が加わるとそのダメージは計り知れません。
知らず知らずのうちに、順番に抜歯のリスクが増していきます。
歯が動揺してきた、歯が動いてきた、咬み合わせがおかしくなった時点では、救えないこともあります。
早めの対処が必要です。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ