perio Blog

2020年4月27日 月曜日

咬み合わせの負担が歯周病の悪化を招く

咬み合わせ? 無理な咬み方なんかしていないよ。
と思っている方が多いと思います。
次の事項に自分が該当しないかを確かめてください。
1. 虫歯や欠損を放置している
ほかの歯に咬み合わせの負担がかかります。
入れ歯はなくても咬めるし、入歯はうまくいかないのではめていないなどの場合は特に注意が必要です。
2. 歯並びが悪い
咬み合わせが悪い、あるいは咬み合わさっていない部分がある場合も注意が必要です。
3. 歯ぎしりや食いしばり
無意識のうちに過度な力がかかります。
4. 片咬みの癖がある
ついつい、咬みやすいほうしか使わなくなる。
何故、噛み合わせの負担がかかると歯周病が悪化するのか?
実は、歯周病の軽微な炎症でも、力が加わることにより歯周組織の破壊が重症化することが知られています。
歯の周りの骨が歯根方向へ吸収する(垂直性骨吸収)、早期接触による歯周組織の破壊、歯の咬耗などが
繰り返されると歯周炎が進み、やがて動揺も起こってきます。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ