perio Blog

2020年5月18日 月曜日

根分岐部病変は治療が困難

根分岐部病変とは、複数根ある歯の間に病変を作っているものです。
歯周病などで歯の間り骨が溶かされ、その部に炎症を繰り返すようになります。
予後は
炎症が繰り返されて歯茎が腫れることが多く、予後は不良になる場合が多くみられます。
治療は
根の解剖学的形態、間の骨の熔け具合、残存歯数などに影響を受けます。
・軽度であれば、プラークコントロール、歯周基本治療などを行い、
エナメル突起などの付着を阻害する要素の削除をします。
・中等度になると、組織付着療法、歯周組織再生療法などを行います。
・重度の分岐部が頬舌(表裏)貫通するケースでは、トンネリング、ルートセパレーションなどの方法を行います。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ