perio Blog

2020年7月 6日 月曜日

親知らずの前の歯は歯周病に注意すべし

親知らずはトラブルが多く抜歯をすることも多々あります。
しかし、その前の歯 (第二大臼歯) のことも注視する必要があります。
親知らずの前の歯の特異性
1. 親知らずが無くなれば一番奥の歯になる。
前からは見づらく、ハブラシが届きにくいこともあるので、虫歯や歯周病のリスクが高い。
2. アゴの関節(顎関節)に近いため、咬み合わせに影響が高い。
歯に摩耗などの負担がかかりやすく、咬合に対してもわずかなことで負荷がかかりやすい。
3. 親知らずは萌出スペースがないことが多く、横に倒れていることもある。
その分、前の歯の周囲の骨が失われているケースが多い。
4. 歯の周りの付着歯肉の量が少ない。
骨に裏打ちされた硬い歯肉の層が少ないため、歯周病の炎症が奥に波及しやすい。
5. 複数根のことが多い。
歯周病が進むと根分岐部病変を作りやすく、難治性となる。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ