perio Blog

2020年10月 5日 月曜日

歯周病と歯並び

歯並びが悪いと、歯磨きがうまく出来ず、歯周病が悪化することがあります。
どんな歯並びが問題なのでしょう
1. 叢生(デコボコ)の歯並び
ブラッシング泣かせの歯並びで、ブラシが隅々まで届かないため、プラークばかりか、食べかすも取りにくい。
2. 中途半端なすきっ歯
歯の間に物が詰まる。大きな隙間なら食べ物がすり抜けるのだが、野菜の線維や肉類などが間に挟まって取り除くのが大変。
無理に取ろうとすると歯茎を傷つけて出血してしまう。
3. 出っ歯
口呼吸になりやすく、口が乾燥するため、歯茎の炎症が悪化しやすい。
上の前歯の裏側のつけ根に下の前歯が当たって、歯茎を咬んで傷になることがある。
4. その他
鋸状咬合、クロスバイトなど歯茎に問題を起こしてくる。
解決方法
矯正歯科治療をしましょう。
年齢、口の中の状態にかかわらず、歯科でご相談ください。
基本的には、歯周基本治療を施してから、矯正治療になります。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ