perio Blog

2020年11月 9日 月曜日

歯茎から膿が出る

歯茎から膿が出る原因は、歯周病、根尖病変、歯根破折などが考えられます。
今回は、歯周病にスポットを当ててお話をします。
歯茎から膿が出るような状態は
歯周病は、歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨の歯の周りの歯周組織と言われる4つの組織の影響を与えます。
膿が出るということは、これらの組織に炎症を起こして、破壊が進んでいることを示唆します。
歯を支えるのに支障をきたすほど歯周組織が失われると、動揺してきます。
歯の周りの歯槽骨の量が減ったり、急性炎症で急激に組織の破壊が進んでいる時には動揺が大きくなります。
歯周ポケットが深くなり、深部にまで炎症が波及しやすくなります。
そうなってくると歯茎から膿が出る症状も増加してくることが予想されます。
症状を改善するには
歯周病の進行ステージを検査します。
修復可能な歯周組織の量が残っている場合には、歯周基本治療を行います。
もし、根の先まで骨が失われていると、その歯は保存が難しい可能性があります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ