perio Blog

2020年11月16日 月曜日

咬み合わせの負担が歯周病の悪化を招く

咬み合わせと歯周病には、深い関係があります。
歯周病の軽度炎症と負荷のかかる咬み合わせにより、歯周の骨の破壊が起こると言われています。
どのような時に咬み合わせの負担がかかるのか
咬み合わせの負担過重は、食いしばり、歯ぎしりなどで起こります。
また、残存歯が少なくなった状態で義歯などをはめないで噛んでいると残存歯に負担過重がかかってきます。
歯周病で早期接触(炎症で浮いた歯など)があるとその歯には無理な力が加わります。
そのような時に負担がかからないような対策を取ります
食いしばりや歯ぎしりなどは、「歯ぎしり防止装置」「咬合調整」などで負担の軽減を図ります。
欠損歯がある場合には、調整された義歯を装着します。
早期接触歯は咬合調整などで対応をします。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ