perio Blog

2019年11月18日 月曜日

歯茎の腫れが繰り返す

歯茎の腫れが繰り返して起こり、普通に見えることもある。
その原因は何かを調べる必要があります。
原因として考えられるもの
多くは歯茎の中に何らかの原因があります。
1. 歯周病の炎症によるもの
奥歯の根分岐部の病変から外側に炎症が広がっている。または、歯周ポケットからの炎症によるもの。
2. 歯根の病変によるもの
根管や根尖部に異常があり、根尖部から外側に炎症性の腫れができたもの。
3. 歯根破折によるもの
破折部周辺に炎症を来している。
4. 嚢胞によるもの
部位に特徴がある場合が多いのですが、唾液腺などの導管が詰まり膨らんだもの。
5. 腫瘍によるもの
良性の場合と悪性の場合があるのでしっかり調べる必要があります。
心配な場合には、早目に歯科医院にご相談ください。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2019年11月11日 月曜日

歯周膿瘍

歯周膿瘍とは、歯周病などの炎症による膿がたまって腫れている状態を言います。
通常は歯周ポケットや瘻孔などを通して炎症に寄って生じた物質が排泄することが多いのですが、
急性炎症でその量が多かったり、排出孔が閉じた場合などは歯茎が腫れてきます。
全身の抵抗力が低下したり、局所の咬み合わせの力が強い場合に多く起こります。
症状
歯茎の腫れが限局的に強くなり、球状に腫れてきます。
ブヨブヨした感じになり内部には炎症物質や組織の破壊された残片がたまっています。
痛みが強くなり、歯は動揺度が増し、噛み合わせが出来ないほどにまでなります。
処置
切開、排膿します。
咬合調整をして咬み合わせを和らげる処置をします。
局所の洗浄をして、抗菌薬を処方します。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2019年11月 4日 月曜日

ポケットの中は注意

ここでいうポケットとは、歯周ポケットのことです。
歯周ポケットとは
健康な歯と歯茎の境目には、3mm以内の歯肉溝という浅い溝があります。
歯周病になるとこの溝が深くなり、病的な状態を歯周ポケットと言います。
歯茎の奥の方へ炎症が侵入して、歯周組織を侵していきます。
ポケットの中は?
プラークや歯石がたまることが多く、炎症と組織の破壊された物質で満たされます。
ポケットの中の環境は、空気が少なく、嫌気性菌が増えます。
歯周病原菌も、悪さをするのはこの嫌気性菌の一種です。
従って、プラーク中の歯周病原菌を減らして、プラークがたまり易くなる歯石を取り除くことが大切です。
歯石が再び付着しないように根面を滑沢にします。
さらに組織が回復しやすくなるように、不良肉芽と言われる炎症組織を取り除きます。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2019年10月28日 月曜日

骨粗鬆症と歯周病

骨粗鬆症は、高齢者ばかりではなく、気をつけなければいけない疾病のひとつです。
歯周病との関係
歯周病は、歯の周りの歯周組織が侵される疾病ですが、歯の周りの骨も例外なく影響を受けます。
わずかな炎症でも、骨粗鬆症が加わると重篤な歯周病になると言われています。
歯の周りの骨量が減ればグラつきが強くなってきます。
硬いものばかりか、普通の食事もより柔らかくて噛みやすい食事を選ぶようになってしまいます。
女性は特に更年期になると骨粗鬆症が増加する傾向があるので注意が必要です。
骨粗鬆症の薬も注意
骨粗鬆症のある種の薬と骨髄縁が関係が深いと言われます。
抜歯などの外科的処置後に創面の治癒が上手くいかず、骨面に歯肉が貼ってみなくなることがあります。
ご心配な方は歯科医院でご相談ください。
予防が大事
疾病は普段からかからない、悪くならないように気をつけて予防することが大切です。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

2019年10月14日 月曜日

歯周病プラスアルファの恐さ

歯周病はプラーク中の歯周病原菌が初発因子となり進行していく疾病です。
これにリスク因子というプラスアルファが加わることにより、
病態が深刻なものになっていきます。
プラスアルファとは
リスク因子は局所的なものと全身的なものがあります。
局所的には、プラークを増加する、あるいは炎症を増幅させるような因子です。
プラークをたまり易くするような虫歯や古くなり合わなくなった不適合な修復物です。
歯磨きがしにくくなるような小帯なども影響します。
炎症を増幅させるようなものは、歯軋り、食いしばりなどの過度の力です。
また、歯を接触させる癖が影響すると言われています。
全身的には、炎症を助長する免疫力の低下が挙げられます。
不規則な生活、持病などです。
糖尿病と歯周病の関係はマスコミでも取り上げられました。

投稿者 コンドウ歯科 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ